トップページ > 病気

年齢とともに減少するグルコサミン

グルコサミンはもともと体内で合成生産できる成分ですが、生産量は20代をピークに徐々に減少してしまいます。

特に40代以降の減少率は著しく、50代以降になるとピーク時の20%ほどしか生産できなくなってしまいます。

グルコサミンは軟骨を構成する主成分であるため、グルコサミンが不足すると軟骨が存在する関節に痛みや違和感をともなうようになります。

さらにそのまま放置していると、骨に過度の負担がかかり、関節の病気を引きおこす原因となるので注意が必要です。

変形性関節症に注意

グルコサミン不足によって引きおこされる代表的な病気のひとつが変形性関節症です。

関節は複数の骨によって構成されていますが、その骨の表面は弾力性に富んだ軟骨によって覆われています。

関節を曲げ伸ばしすると、軟骨がクッション剤となり、骨と骨の摩擦を防いでスムーズな動きをサポートする仕組みになっています。

そのため、グルコサミン不足によって軟骨が摩耗すると、骨と骨の摩擦が強くなり、関節を曲げ伸ばしするたびに鋭い痛みを感じるようになります。これが変形性関節症です。

変形性関節症は発症した部位によって名称が異なり、膝なら変形性膝関節症。顎なら変形性顎関節症となります。

中でも発症割合の高い病気が変形性膝関節症で、80歳以降の女性の約3分の2が症状を抱えていると報告されています。

変形性関節症の治療法

以前は、変形性関節症の治療法は鎮痛剤を投与する対処療法が中心となっており、根本的な治療法はないとされていました。

しかし、近年の研究により、グルコサミンを定期的に補給することで、変形性関節症の諸症状を緩和できることが明らかとなりました。

グルコサミンを補給すると、変形性関節症の原因となる軟骨の摩耗を防ぐことができ、関節の曲げ伸ばしによる痛みや違和感を軽減することができます。

実際、変形性関節症に悩んでいた方がグルコサミンを摂取したところ、ほとんどの方が節々の痛みの解消・緩和を実感したことが報告されています。

ただ、痛みの緩和には2~3ヶ月ほどの期間を要するので、できれば痛みや違和感を感じる前に、定期的にグルコサミンを摂取することをおすすめします。

発酵グルコサミン【リメイク】

協和発酵バイオのグルコサミンで 健康サポート!お試し価格1000円
www.kyowaremake.jp/

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp/