トップページ > 加齢で減少

グルコサミンは年齢とともに減少する

グルコサミンは体内でグルコースとグルタミンが合成されることによって生産される小さな分子量のアミノ糖です。

そのため、人は生まれた時からグルコサミンを生産する能力を持っており、若い頃は特に意識しなくても充分な量のグルコサミンを生み出すことができます。

ただ、グルコサミンの生産量は20歳頃までがピークとなっており、以降は年齢を重ねるごとに生産機能が徐々に衰えてしまいます。

特に50代のグルコサミン生産量はピーク時の約半分にまで低下してしまうと言われており、60代・70代以降も右肩下がりに減少する傾向にあります。

グルコサミンの体内生産量が不足すると、軟骨が十分に形成されなくなり、節々にきしみ痛み違和感が起こり始め、やがて変形性関節症などの病気を誘発してしまいます。

特に女性は男性よりも変形性関節症を発症しやすく、80代女性の場合、約3分の2が節々に痛みや違和感を感じているというデータが報告されています。

実際に関節に痛みやきしみを感じるのは50代以降となりますが、グルコサミンの体内生産量の減少は20代後半から始まっているので、できれば30代以降は意識的にグルコサミンを摂取したいところです。

実際、痛みを感じ始めるとグルコサミンを補給しても症状の改善には数ヶ月の期間を要してしまうので、自覚症状のないうちに食事やグルコサミンサプリなどで補給するのがベストと言えるでしょう。

発酵グルコサミン【リメイク】

協和発酵バイオのグルコサミンで 健康サポート!お試し価格1000円
www.kyowaremake.jp/

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp/