トップページ > 関節痛と膝痛を助ける

軟骨のはたらき

私たちは普段の生活の中で、思った以上に関節を動かし、活用しています。

たとえば歩行や走行、座る、立つ、階段の昇降などの動作にはすべて関節の曲げ伸ばしがともなっており、日常生活を送る上で欠かせない重要な部位と言えるでしょう。

この関節の動きをサポートしているのが、骨の表面を覆う軟骨です。

弾力性に富んだ軟骨は関節を曲げ伸ばしする際の骨と骨の摩擦を防ぐクッション材としての役割を担っており、きしみのないスムーズな動作を実現しています。

痛みを感じたら要注意

人間にはもともとグルコサミンを合成生産する機能が備わっているため、若いうちは軟骨が摩耗する心配はありません。

しかし、20代後半になるとグルコサミンの体内生産量が徐々に減少し始め、50代以降は約半分にまで低下してしまいます。

グルコサミンが不足すると軟骨がすり減りはじめ、関節を曲げ伸ばすたびに痛みやきしみ、違和感を感じるようになり、日常生活に大きなストレスを感じるようになります。

特に50代以降の方は、膝痛や腰痛を感じたら要注意。関節に炎症が起こり、変形性関節症を引きおこしているおそれがあります。

関節痛・膝痛にはグルコサミン

関節痛や膝痛を感じ始める前に、毎日の習慣としてぜひ取り入れたいのがグルコサミンです。

グルコサミンは軟骨の主成分であると同時に、体にうるおいを与えるコラーゲンの原料となる成分でもあるので、つらい膝痛や関節痛を緩和する効果が期待できます。

グルコサミンは牛や豚、鶏の軟骨のほか、うなぎやふかひれなどの食材から摂取することもできますが、グルコサミン生産量が大幅に減少する40代以降からはグルコサミンサプリも同時に併用するのがおすすめです。

また、グルコサミンとともに軟骨の主成分として知られるコンドロイチンも膝痛や関節痛を助ける役割を担っているので、グルコサミンサプリを選ぶ時はコンドロイチン配合の商品を検討するとよいでしょう。

発酵グルコサミン【リメイク】

協和発酵バイオのグルコサミンで 健康サポート!お試し価格1000円
www.kyowaremake.jp/

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp/