トップページ > 摂取量

グルコサミンの1日の必要摂取量

グルコサミンは20代を過ぎると徐々に体内生産量が減少し、40代ではピーク時の1/3、50~60代になるとさらに1/5まで落ち込んでしまいます。

グルコサミンが不足すると体内の軟骨がすり減り、節々に痛みや違和感を感じるようになります。

そのまま放置していると、変形関節症などの疾患を抱えるようになるため、できれば30代頃から積極的にグルコサミンを補給するのがおすすめです。

では、成人の場合、1日にどれくらいグルコサミンを摂取すればよいのでしょうか?

グルコサミンの必要摂取量は国や地域によって異なりますが、アメリカの研究では、体重の軽い人は1日1000mg程度。体重が多めの方は1日2000mg程度と体型によって必要摂取量が異なるとのデータが報告されています。

そのため、日本では一般的に成人の1日のグルコサミン摂取量の理想は1500mgと言われています。

ただ、食品に含まれているグルコサミン量はごくわずかなので、3食の食事のみで1500mgものグルコサミンを補給するのは困難です。

そんなときは、グルコサミンサプリメントの活用がおすすめです。

サプリメントに配合されているグルコサミンの含有量は商品によって異なりますが、ほとんどの商品では、1日あたり1000mg以上のグルコサミンを摂取することができます。

最近は水なしで飲める手軽なサプリメントも発売されているので、忙しくてなかなか食生活に気を配れない方はサプリメントの力を借りて必要摂取量を補うようにしましょう。

発酵グルコサミン【リメイク】

協和発酵バイオのグルコサミンで 健康サポート!お試し価格1000円
www.kyowaremake.jp/

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp/