トップページ > 食品

グルコサミンを含む食材は?

グルコサミンは体内で生産される成分ですが、外部から食品として摂取することもできます。

特にグルコサミンは年齢とともに生産量が減少するので、20代のピークを過ぎたら食事から積極的に摂取するよう心がけましょう。

グルコサミンを多く含む食材としては、納豆やオクラ、山芋などのネバネバ素材が挙げられます。

特に山芋には、グルコサミンとコンドロイチンを含むムコ多糖類が豊富に含まれているため、毎日の食事に積極的に取り入れたいところです。

他にも、ウナギやフカヒレ、干しエビ、牛・豚・鶏の軟骨などに含まれていますが、グルコサミンの一日の摂取量の目安は1500mgと多いため、食事だけで必要量を補うのは困難です。

そこでおすすめなのが、グルコサミンを手軽に補えるサプリメントです。

サプリメントは1粒にグルコサミンがたっぷり凝縮されているので、食事だけでは足りない分を効率良く補うことができます。

また、食事からグルコサミンを補給する場合、カロリーが気になるところですが、サプリメントならグルコサミンだけを摂取できるので、カロリー過多になる心配もありません。

もちろん、サプリメントだけに頼る生活はおすすめできませんが、グルコサミンは一度にまとめて摂取するよりも毎日定期的に補給することが大切なので、忙しくてなかなか食事に配慮できない方はグルコサミンサプリを上手に活用してみるとよいでしょう。

発酵グルコサミン【リメイク】

協和発酵バイオのグルコサミンで 健康サポート!お試し価格1000円
www.kyowaremake.jp/

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp/